医学部に合格するために必要な5つのこと

慈恵会医科大学の正門前

1 医学部合格に必要なレベルを把握する

言うまでもありませんが、国公立医学部はもちろんのこと、私立も含めて医学部入試はすべてハイレベルでの戦いになります。簡単な医学部は一つもありません。

ご父兄の皆様の多くが受験をされた20〜30年前とは大きく状況が異なります。

地方や新設の医学部を含めて、すべての医学部は合格することが大変に難しくなっています。

そのレベルについて具体的にご説明いたします。

続きを読む

大学入試化学の学習法 まったくできない状態から偏差値60を目指すためにやっておきたい5つのこと

※ 基礎をきちんと習得すると、模擬試験、特に記述模試での偏差値は60を超えます。 受験勉強を始めたばかりの人はどこから手をつけていいのかわからないかもしれません。 一方で、ある程度学習が進んでいるはずなのに偏差値が60に届かないということは、基礎が定着していないということです。 その状態で難関大学レベルの問題集をがむしゃらに解き続けても偏差値50〜60の間を行ったり来たりするだけで安定して得点はできないでしょう。

そこで、常に偏差値60をキープするために、化学の初学者が基礎を習得するために行うべきことをお伝えします。

化学の学習における重要なエッセンスが詰まっていますので、早速実践してみてください。

続きを読む

大学入試数学の勉強法 まったくできない状態から偏差値60を目指すために心がけるべき6つのこと

※ 以下は数学の知識、技術レベルが中学段階(公立中学出身者の新高1レベル)〜 数1A段階(中高一貫校の新中3〜新高1レベル)の人へのアドバイスです。

1 偏差値60とはどれくらいできる状態のことなのか把握する

偏差値60とは、教科書傍用問題集(4STEPなど)を(発展的な問題を除いて)一通りマスターしたと言える状態です。

この状態に到達するためには、

1 教科書(または同等レベルの参考書)+ 教科書傍用問題集 で、

2 単元別に一通りの問題演習を行うこと(または同等の状態に達していること)

が必要です。 続きを読む

大学入試現代文の勉強法 大切な3つのこと

1 本文を150字~200字で要約する。

大学教授が最も出題したい問題は、要約です。
しかし、採点に手間がかかります。答案を上中下で分けることは、一目でできますが、たとえば93点か87点か78点かを判断するのが極めて手間がかかります。 続きを読む

大学入試現代文の勉強法 要約をする(2)

3 文を固まりとして捉える力を養うために要約する。

皆さんは、一度読んだ現代文を読むだけで暗記できますか?
私は、無理です。一学年に数人、そういう異能の人がいるそうです。生徒さんで、一人、ジーニアス英和辞典を読むと、暗記できるという、ハードディスクのような頭脳を持った人を知っています。その人は現役で東大の文一に入りましたが、東大生でも珍しいタイプです。 続きを読む

大学入試生物の勉強法 塾・予備校で伸び悩んでいる人が偏差値70を超えるためにすぐに取り組むべき5つのこと

1 塾・予備校で学習している内容が自分に合っているか考えてみる

どのような塾・予備校でも担当の講師が自分にあった先生であるかどうかは,人それぞれで異なります。

有名な先生=良い指導者とは必ずしも言い切れないわけですから,まずは学習している内容で今後学力の向上が見込めるのかどうかを自分なりに再確認しましょう。 続きを読む

大学入試生物の勉強法 今オススメしたい問題集(5つのジャンル別)

1 全レベル対応:教科書(と教科書出版会社が作成している資料集)

何を言っても最も標準的な学習参考書は高校で使われている教科書となります。特に生物の学習では必須アイテムです。

(独学などで手元に教科書がない場合は、教科書を扱っている書店(通信販売をしているところもあります)で取り寄せてください。)

入試問題は基本的に主要な出版社が出している教科書をベースに作られており,センター試験では考察問題を除き,知識としては教科書範囲外の内容は出題できないようになっています。 続きを読む