福岡大学医学部医学科合格体験談 H.I.さんの場合

2018年合格体験記

Q1 SAEで勉強を始めた時期、その当時の成績など、学習をスタートした当時のことを教えてください。

SAE入校以前は、机に向かう時間が極端に少なく、集中力がなかなか続かず、自分では勉強が捗らない状況でした。

Q2 各科目の指導内容やその感想、各回の課題内容やその感想など学習内容について教えてください。

英語では、単語や熟語、構文などの基礎知識を毎回授業の最初に徹底してテストをすることで定着させてもらえたので、長文を読む際に自信になりました。

数学では、これまでの自分の数学に対する勘違いを修正してもらえたので、問題に対し前向きに取り組む気持ちが本番でも持てるようになりました。

物理では、問題の解き方を徹底的に教わり、時間が厳しい医学部受験の問題でもしっかりと高得点を安定して取れるようになりました。

化学では、受験に必要な知識が全て載っているまとめノートと8つの解法テクニックにより、解けるだけでなく、ミスも減らすことができました。

Q3 一番苦しかったとき、スランプだなと感じたときについて、その時期や内容、そしてどうやって乗り越えたのか教えてください。

問題は解けるのに、ミスによって点数を落とすということが多かった時期に、演習の重要性を感じました。演習量を多く積むことにより、パターン問題などにかける時間を減らせたことにより、心に余裕が生まれました。結果的に、ケアレスミスも減らすことができたと思っています。

Q4 SAEとはどんなところですか。

勉強法や精神面のサポートが非常に充実していて、継続して勉強に取り組むことができました。授業でも、先生が一方的に話すというより会話をするように授業をしてくれるので、無駄な緊張感がなく閉塞感がありませんでした。

Q5 合格を振り返って、受験生活について教えてください。

特に血眼になって勉強をしたという記憶はないですが、気付いたら勉強しているという印象でした。

最初は勉強時間が少なかったですが、徐々に勉強に慣れていき、勉強に対するストレスが薄れていくにつれて、勉強時間が増えていきました。

Q6 これから学習をスタートしようとする受験生の皆さんへ一言お願いします。

受験は、自分のある一面を確認できるいい機会だったと思います。

適度な息抜きを大切にしながら、学問にも少しずつ興味を持ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました