合格体験記2018(3)

2018年合格体験記

合格体験記2018 北里大学医学部合格 Mさん

(合格体験記を受験生自らマス目を作って書いてきてくれました)

私は、高校二年生の4月頃にSAEに入りました。

入った当初勉強することが嫌いで英語の偏差値が50に乗るかどうかという成績でした。しかし、飯田先生の授業を初めて受けた時勉強嫌いだったはずが授業が楽しすぎてあっという間に終わっていました。そして、授業が始まって半年後、英語に対する苦手意識がなくなりました。英語に引き続き化学、物理、数学そして国語を教わることになったのですが、どの先生も分かりやすく飛躍的に成績が伸びていきました。このように私は学力的な面で大変お世話になりましたが、私がSAEに感謝していることは精神面でのケアです。個別指導ですと普通は先生と生徒という一対一の関係であると思いますが、このSAEでは先生方がチームを組み受験生をサポートしてくださるという体制でした。このおかげで直前期は得意な英語の授業を減らし、代わりに苦手な物理の授業を入れるなど工夫をすることができました。さらに、精神面でのケアについてですが、私は元々人に教えてもらうことが嫌いで他の塾では先生を変えたり、家庭教師の先生を家から追い出したりということをしてきました。しかし、SAEの先生方は、やらなければいけないことを始めに明確に教えてくださったので、それ以外のことは何も言われることはなく自分にあった勉強ができ、受験期直前もペースを崩さず勉強できました。さらに私の受けた大学では面接もあったのですが面接対策も深く行っていただきました。集団面接の対策を行った時には、理系的な視点からの物の見方や文系的な視点からの物の見方を教わり、様々な視点からのものの見方を教わりました。そして、本番の時には、学力試験では英語の二問以外は全て回答することができ、面接試験では面接官の方からは、様々な視点からの意見を述べた時、お褒めの言葉をいただきました。日本には大手の塾や様々な科目に特化した塾がありますが、学力をつけることはもちろん、面接の練習や小論試験の対策、さらには精神面でも成長させていただけるのはこのSAEだけであると思うので、第一志望に合格したいと考えているのならば、SAEに入ることを強く勧めます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました