数学

大学入試数学の勉強法 まったくできない状態から偏差値60を目指すために心がけるべき6つのこと

※ 以下は数学の知識、技術レベルが中学段階(公立中学出身者の新高1レベル)〜 数1A段階(中高一貫校の新中3〜新高1レベル)の人へのアドバイスです。

1 偏差値60とはどれくらいできる状態のことなのか把握する

偏差値60とは、教科書傍用問題集(4STEPなど)を(発展的な問題を除いて)一通りマスターしたと言える状態です。

この状態に到達するためには、

1 教科書(または同等レベルの参考書)+ 教科書傍用問題集 で、

2 単元別に一通りの問題演習を行うこと(または同等の状態に達していること)

が必要です。 続きを読む

大学入試数学の勉強法 おススメしたい大学入試数学の問題集(標準〜ハイレベル)

1 何はなくともまず教科書傍用問題集に手をつける

まずはなんと言っても教科書傍用問題集は1Aから3まで隅から隅までやっておくことをおすすめします。

高校数学を理解するために必要なことが全て詰まっています。

他の問題集に手をつけるのは教科書傍用問題集が物足りないと感じるようになってからで遅くありません。

教科書傍用問題集レベルが身についていないと感じる人はまず教科書傍用問題集から始めましょう。

医学部等の難関大学を目指す人には数研出版の4STEPもしくはオリジナルが教科書傍用問題集としてはレベルが高いのでとくにおすすめです。

2 教科書傍用問題集レベルの先にあるオススメ問題集

教科書傍用問題集レベルが物足りなくなった人は

  • 通称『青チャート』 正式名:『新課程 チャート式 基礎からの数学』(数研出版)
  • 通称『赤チャート』 正式名:『改訂版 チャート式 数学』(数研出版)
  • 『FOCUS GOLD』(啓林館)

これらの問題集で未修と思しき問題に当たりましょう。

これらが分厚くて手に負えないと感じたら

  • 『1対1対応の演習/数学―大学への数学(1対1シリーズ)』(東京出版)
  • 『実戦 数学重要問題集-数学』(数研出版)

あたりでも良いのでとにかく入試レベルの問題演習を積み重ねましょう。

その他、

  • 『理系数学の良問プラチカ 数学』(河合出版)

もオススメです。

どの問題集に取り組むにしろなぜそのように解くのか、解けるのかを説明できること、何度でも同じように解けること、を目標に学習しましょう。

ある程度自信がついたら受験大学の赤本や特に国公立難関大学の志望者は旺文社の入試問題正解国公立編で入試問題をセットとして練習してみて下さい。

一層の自信をつけることができるでしょう。