どのような成績からでも合格を目指せます

Image module

ポテンシャルとはその人の持っている潜在能力です。今現在できるかできないかという問題ではなく、持っている能力を引き出すことができるかどうかで成績は決まります。

Image module

ただ、それを自分自身で引き出すには限界があります。子どもでも大人でも自分には甘くなってしまいますし、自分自身の可能性に無意識に壁を作ってしまい、そのままズルズルと平行線をたどってしまいがちです。

Image module

自信が持てず伸び悩んでいる生徒さんこそ、まだ自分でも気づかないポテンシャルを引き出せるチャンスは多分にあります。だからこそ、今現在どのような成績であれ合格を目指すことができると言い切れるのです。

Potential Meter
100%

これはSAEに来た生徒さんが最初に必ず口にするフレーズです。そう、あなたも「やらなくちゃいけない」ということは理解しているのです。

それでは想像してみてください。テレビやスマホを取り上げられて部屋に缶詰にされ、とにかく知識を詰め込めば目標を達成できるのでしょうか。それで伸びるタイプもいるのでしょうが、「やらなくちゃ」で始めても良い結果は生まれません。人によっては逆効果です。

SAEの講師陣は、単に詰め込むのではなく「やらなくちゃ」を「楽しくやっています」に変えることができます。今のポジションを知ってもらい、今の環境を知ってもらい、今の弱点を知ってもらい、それを生徒自身で解決してもらいながら成績が上がっていく喜びを共有できる。

自分でも気づかぬうちに生まれる自立心が、成績をぐんと上げられる大きなポイントになります。

Image module
Image module

SAEには偏差値がもともと高い生徒さんはほとんど来ません。今、素晴らしい成績を叩き出している生徒さんのほとんどは、苦手だから、成績が伸びないから、絶望しているから、SAEの指導を始めたのです。現在通っている予備校や塾があるのなら、その講義がもっと理解できるようになりますし、SAEだけで合格レベルに引き上げることももちろん可能です。偏差値40台からスタートして65オーバーまで上りつめ、できるやつだと思っていた友人を気づけば抜かしてしまったなんて話はよくあることです。

そこには、実際にそういった生徒を指導して来たプロ講師の存在があります。どんな成績からでも合格を目指せることを求められ続けてきましたから、そのノウハウや環境づくりの蓄積が豊富にあるのです。

受験生一人一人を見て最適な指導やアドバイスをしてくれる、そんなコーチがいるからこそ、今は無茶だと思っている目標も達成できてしまうのです。

Image module