文系科目(大学入試)の勉強法

大学入試古文の勉強法 古文単語をマスターしよう

1 基本の意味を覚えるべし

(1)基本の意味を覚えるべき理由

私は、受験生時代に、国語が得点源でした。

しかし、同僚の国語の先生とよく話をするのですが、「よく、あんな教えられ方をして、俺たち国語が得意だったなあ」と思います。 続きを読む

大学入試現代文の勉強法 要約をする(2)

3 文を固まりとして捉える力を養うために要約する。

皆さんは、一度読んだ現代文を読むだけで暗記できますか?
私は、無理です。一学年に数人、そういう異能の人がいるそうです。生徒さんで、一人、ジーニアス英和辞典を読むと、暗記できるという、ハードディスクのような頭脳を持った人を知っています。その人は現役で東大の文一に入りましたが、東大生でも珍しいタイプです。 続きを読む

大学入試現代文の勉強法 大切な3つのこと

1 本文を150字~200字で要約する。

大学教授が最も出題したい問題は、要約です。
しかし、採点に手間がかかります。答案を上中下で分けることは、一目でできますが、たとえば93点か87点か78点かを判断するのが極めて手間がかかります。 続きを読む

大学入試古文の勉強法 古文を勉強する前に踏まえておくべき2つのこと

古文という科目の特殊性を知ってください。
古文の特殊性は、何といっても次の二つでしょう。

1 専攻者が少ない。

センター試験の英語で、たとえば解答が二つあるような問題がでると、クレームが殺到します。高等学校の英語の先生はもちろん、経済を出て商社マンをやっているような人や、果ては日本に住んでいる外国人まで、英語ができる方は世間には多いからです。

ところが古文の場合、ほとんどクレームは出ません。 続きを読む