2017年合格体験談 T君(東邦大学医学部合格)

合格体験談 T君の場合(東邦大学医学部合格)

 

合格体験談(ルーズリーフに手書きで書いてもらいました)

僕は2浪が決定してすぐに飯田先生と出会い、すぐに授業をスタートさせました。その時点での成績はどの科目も偏差値50前後で、とても医学部受験生の成績とは思えないようなものでした。飯田先生の授業を受け始め、比較的すぐに偏差値60を超え、それ以降は模試でどんなに悪くても偏差値65は維持できるようになり、最終的には英語が得点源となりました。飯田先生の授業は、英単語や英熟語、文法を反復に反復を重ねて記憶を定着させるやり方で、僕は語彙力を飛躍的に伸ばすことができました。

夏以降は生物と化学もSAEの先生にお願いし、偏差値60近くまでは伸ばすことができました。しかし、最終合格までは届きませんでした。

3浪目は全ての科目をSAEの先生にお願いし、スタートさせました。3浪目の時点でも数学はかなり厳しい状態だったのですが、小池先生が一から丁寧に教えてくださり、受験の直前には医学部受験でなんとか足を引っ張らない状態までにはできるようになりました。

また、生物の太田先生も化学の高橋先生も、今自分がやるべきことを明確に提示してくださったので非常に勉強しやすかったです。

また、SAEにお世話になるまでは個別の授業を一年間受け続けるというのは、モチベーションを保つのが難しいと思い避けていましたが、SAEの先生は皆、個性的で、精神的に辛くならず一年間勉強に集中できました。

 

(SAE代表講師 飯田より)

第一志望校への合格を勝ち取ってもらえてよかったのですが、実はお引き受けした最初の年も1次合格を果たしておりました。ほぼ大丈夫だろうというところからもう1年続けてという形でしたので、精神的にもショックが大きいところからの再スタートとなりまして、落ち込んでいたT君と色々な話をさせていただいたことを今でも覚えています。

彼は英語を得意科目としてくれましたので、英語を担当した身として少し鼻が高いです(笑)もちろん、最終合格を達成するためには穴のある科目を潰さなければいけませんので、担当する講師陣とご家庭との共同作戦での勝利となりました。

受験勉強は決して楽なものではありませんし、色々なことがありましたが、よく最後まで頑張り抜いてくれたと思います。すでに大学では部活一色のようですが、勉強もしっかりと頑張って留年しないようにしてほしいですね(笑)

彼はコツコツと努力を続けることができるタイプで、実直で向上心に溢れるタイプです。お父様をお手本に、素晴らしい医師になることを祈っています。この度は第一志望校への合格おめでとうございます!!!

成績を劇的に向上させましょう

現在の学習環境に行き詰まりを感じていませんか?

成績なんて簡単に上がらないと考えていませんか?

精鋭プロ講師集団SAEで勉強することで、

1 どのような成績からでも合格を目指せます。

2 行き詰っている箇所を次々と明らかにします。

3 甘えを排除して充実した日々を過ごすことができます。

本物の学習環境を整えることは十分に可能です。

 


お問い合わせページはこちらから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*