Blog categories

Comments

大学入試小論文の勉強法 発想の仕方

大学入試小論文の勉強法 発想の仕方

1 例題

たとえば、教育学部、教養学部など学部を問わず多くの大学で出題された、次のような問題があります。ごく最近では、杏林大医学部で出題されました。

  • 中学生、高校生で、朝食抜きの子が多くなった。それについて考えを述べなさい。
    (800字)

良かったらここでサイトを見ないで、少々、考えてください。

200字程度ならば思い付くでしょうが、800字となると、ネタが切れるのではないでしょうか。

2 パラダイムで考える

そういうときは、パラダイム(paradigm)で考えるのがおすすめです。

パラダイムとは、問題をどのような枠組みや視点から考えるかという、その枠組みや視点のことを言います。(ただし、哲学や思想の場合です。理科系の専門用語としては特殊な使い方があるようです)

たとえば、目の前に、今、字を書くために触っているものがあります。普通、それをキーボードというでしょう。

しかし、化学というパラダイムをはめたら、此の物体は、「摂氏25度の有機化合物と金属でできた構造体」という意味になります。

この考え方を使って、「朝食抜き」の中高生をとらえてみましょう。

P1「家族」P2「本人」P3「健康」P4「食生活の変化」…とさまざまなパラダイムの設定ができます。

「家族」でしたら、共稼ぎで家族の団欒が少ない状況が指摘出来ます。

スマホの発達によって、ただでさえ、友達関係などお互いの行動が把握できなくなっている状況です。

ですから、朝食抜きとは、青少年が孤立を深めている状況の一つの現れとも解釈できるでしょう。

最近、一人でご飯を子どもが食べるのは、かわいそうだからという趣旨で、子どもにご飯を食べさせるNPO法人が立ち上がって、マスコミにも取り上げられています。

社会運動家も、この状況を憂慮し始めています。

「本人」の問題としては、夜遅くまで、テレビやゲームを見る生活をしているから、寝坊して朝食がのどに入らない状況を指摘出来ます。

インターネットでさえ、子どもにとって有害な情報をカットするフィルタリングがあります。

新型ゲーム機に、10時になったら自動的に電源が落ちるシステムを組み込むことなど、技術的に簡単にできるでしょう。

それを提案してもいいところです。

また、「健康」の問題ですが、朝食を抜くと、どうしても血糖値が下がり、どこかで甘いものをドカ食いすることになり、若いころから糖尿病にかかるリスクや、将来発症するリスクを上げます。

朝に食べたくなくなるのは、前夜に、ジャンクフードや清涼飲料水などを摂取した結果であることも多いです。

お母さんが作ってくれても、お腹に入らないということです。

この背景には、ゲームによる夜更かしなどの問題もありますが、夜遅くまでの部活や塾通いの問題もあります。それを語ってもいいと思います。

代表的なパラダイムを挙げましたが、決してこれだけではありません。皆さんも独自のパラダイムを見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。